津屋崎本会 錬修会 2011.12.11

 ■ 公園の部    滴水先生・ジーシャさん・ウーファさん・corinさん・
                                                                          体験者さん・私フーミン

冬っぽい気候になって来ました。着込んで準備万端で練習を始めましたが、動き出すと温まって一枚ずつ上着を脱ぐ程で、やっぱり今年の冬は温かいですね。
地球がおかしい・・・!?

  • 九天龍行剣:基本剣路、出勢~滴水剣

先週と同じ所までを繰り返しました。
今回は剣指を指す時、視線に気を込める事に意識しました。眼力あったかな?

剣の基本動作で先生が木剣を当てて説明して下さることが有ります。なるほど!と納得しながらも、ゆとりがなく何をやってるのか解らなくなります。相手の動きを落ち着いて見れる、慣れが必要ですね。

■体育館の部    滴水先生・ジーシャさん・ウーファさん・レタスさん・
                                                                 corinさん・体験者さん・私フーミン

  • 九星式
  • 衝捶
  • 十三勢二十四式
  • 推手

あの衝捶、変ですよ
打った反動が、大きく後ろの手に帰ってる感じです。

見て無い方の為に説明
衝捶を打つと後ろの腕が、まるでロープの端をパシッて振ると、力の波が伝わってロープの先が大きく暴れる感じに動くのです。先生がちょっと見本を示して「はい、解った、おしまい!」って得意げに次の練習に移りました。

滴水館(拳親館)打ちは、全身全霊を込めて、前に向かって打つのですよね。後ろの手は、他の用法に(掴む、引き込む、受ける)使うために力を抜いておくのですよね。いつもの衝捶は後ろの手はブラブラの状態です。
あの衝捶では、後ろの手に反動が戻ってる感じに見えます。今までの理屈から考えると違います。実際にやってみると、両肩が自分の体に対して前後に振れないと動かないです。
後ろの手を他用法に利用するには、反動が返っていては使いにくいですよね?
力の波が返ってるとすれば、いつも先生の言われる、「全ての力を動員」した力が後ろに跳ね返ってるて事ですよね。
やっぱり、変です  ←これは変なおじさんです

6 Responses

  • ん!
    そりゃぁ変かもね(笑)35年も突くと。
    胸を急激に使うと末端の腕が弾けます。それだけのことです。ぶらぶらの腕は空っぽですから、いつでも自在に使えます。
    私が見る限り、程度の差はあれ全員が肩や二の腕が固まっています。胸・腹や背中は使いますが、肩から先はゼロにします。
    薩摩の示現流では、強力で迅速な打剣の秘訣を「左臂切断」の金言で示しています。添え手の左を全く殺せ!と教えるのです(小示現/伊集院伝の素振りを学んだことがあります)。通じるものがあると思っています。
    なにより、
    「千錐百錬 不可空談 拳打萬遍 神理自現」です。

  • 字を間違えていました。
    「左肱切断」です。
    達磨大師と弟子の故事「慧可断臂」とごっちゃになっていました。門外漢には理解不能の変な逸話です。

  • 「慧可断臂」
    二祖慧可が達磨大師に切り捧げた「左臂」は何を象徴しているのか?
    などと空談。

  • ごたごた考えずに、力を抜いてひたすら練習しろっ!て事ですね。衝捶の時、先生の胸に触らせて頂きました。打つたびに拳側の胸筋がかなり張って、後手の胸筋も使っていました。胸を一定位置に開くスピードが速く、胸筋を張る感じが私とは違いました。まだまだ私の衝捶どこか違うのかな~

  • いや、考えていいです。
    太極拳は大いに悩め!心意は考えるな!と教えられましたから(笑)
    ですからそれでいいんです。
    やるべきことをやっていれば、たとえ考えるな!無心になれ!と言っても考えてしまうものです。そして妄想や勘違いが山ほど浮かぶはずです。
    そうして、悩み尽くしてくたくたになったところで、かすかに見えてくるものがとてもよいヒントになってくれることを私は学びました(それが「拳打萬遍 神理自現」)。
    疑問の答えは自分の中にしか見つけられないんです。見つけたものは各人あなただけのもの。
    示しても言葉を尽くしても他人には見えない。いや、既に与えていることでしかないので、同じことを繰り返すだけだったりする。
    私は質問のレベルで到達点を計っています。
    厳しく言うのは、ひどい遠回りの時だけのつもりです。ひと通りの失敗は経験済みだと思っていますから。
    フーミンさんはいい線いってますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA