福岡分会 箱崎錬修会 2011.12.6

 本日の参加者    滴水先生・Kさん・私フーミン

  • 部分練習
  • 推手

私が何時もの様にかなり遅れて到着すると、Kさんが部分的な動きのコツや、
用法を質問していました。熱心ですねー
力の溜め方、発し方や、普段ゆっくり練習している形の実際の使い方を色々と習いました。

・絡めて、押し飛ばす
・解いて、押し飛ばす
・掴まえて、接近して打つ

太極拳はスルスルと相手に接近して押し飛ばすことや、
重い打ち込みを多用する武術だと改めて実感しました。

倒倦紅と単鞭が圧縮し溜めて放つ動きが共通してるらしい、
倒倦紅は解るのだが、単鞭はどうも掴めない 前半動作の巻と溜めが上手く出来て無いようです。

先生に質問して思ったのですが、勁が通た動きが出来ても、私の筋力、脚力、呼吸力では本当に相手に効く打ち方は出来ないように思います。やっぱり、体作りと呼吸力を日頃から鍛錬するべきですね

推手、難しいけど面白いですね。
太極拳と言う武術が接近戦だから、相手の動きを近くで感じて反応出来る必要があるのですね。そこで 推手の練習が生きてくるのかな?
今日は、肩がだる重です

One Response

  • いいですね~。フーミンさん。
    思考と感覚と身体の配線を創るために、自身の言葉にしてみることはとても有効です。
    推手、
    引かない、こじらない、ただ推されて流すところから全身の強調で転じて推し返す。というより、水が沁み込むように入っていくという感じ。
    開いた扉から、招かれて「はいはい、でわでわ!」と入っていく。そしてきちんと御挨拶。
    呼吸が乱れたり、力んだり息があがるのは、人んちに無闇な恐怖心や悪だくみや下心をもって入るからです。
    そこを捨てなさい!です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA