ゴールデンウィークは、久しぶりに槍を、教えてもらえることになり、
ちょっとはりきって、いった。
四十八式梨花槍という型をやることになった。
なんというか、陳家の槍はビデオでは、
ちらっとぐらいは見たことがあったが、
それらは、陳式太極拳だな、といった印象だったが、いざやってみると、
うちの槍は、心意六合拳の匂いが、ぷんぷんとする。
というか、似ているというよりほとんど心意六合拳そのまんまの
技ばかりだ、
中平槍および札一槍は、横拳。急三槍は、野馬奔走。青龍戯爪は、馬形崩
拳。朝天槍は、鷹そう把。
あと、以前単式のとき習った起落槍は、名前からして、心意把に、そっくりだ。
先生が言われるように、梨花槍は、六合槍ともいうので姫際可の槍術が、同じか、おなじようなものだったとしてもおかしくは、ないが

たぶん今、つたわる、心意六合拳の槍術以上に、心意六合拳しているような気がする。
帰ってから.ユーチューブで、陳家の梨花槍を見たが。やっぱり陳家の太極拳の槍という印象しかなかった。
やはり、うちのは、槍までも非常に古風なのだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA